永尾薫のワールドマラソンチャレンジ

これから世界にチャレンジしていく選手たちのきっかけとなるべく、ワールドマラソンメジャーズを中心に参戦しています

スタートダッシュ

陸上競技長距離走、駅伝やマラソンなどのロードレースでは、短距離走の100mのようなスタートの練習は普通やらないかと

f:id:karu0926:20201206184321j:image

私はこのスタート時の飛び出しやダッシュ
後の結果に繋がる、走り出しのポイントになると思っています。

 

5000mや1万m、400mトラックでのレースでは
最初の位置取り次第で全体の流れに難なく乗ることができ、最終的な結果まで繋がる場合があります。

▼功を奏する
https://karu0926.hatenablog.com/entry/2020/05/31/185358

短い距離から長い距離の区間まである、駅伝では
襷をもらい素早くスタートをする、ただそれだけでライバルとの差を1秒や1mは作ることができ、その小さな差が後の大きな差に繋がる場合があります。

5km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンなどのロードレースでは
どれだけゆっくりなランナーでも最初は速いペースで入りがち、スタートは周りに合わせて少しスピードが出せる準備をしておけると
その後の落ち着いてきたところで、焦らずマイペースに切り替えることができます。

 

普段のトレーニングでは、ゆったりとしたスタートの練習しかしていない方が多いかと
ジョギングが中心の方はウィンドスプリントをやってみたり、スピード練習ができる方はインターバル走の始めの50mだけでも速めに入ってみたり
レース本番を想定して、スタート時からスピードを出す練習に取り組んでみる

▼とりま1本
https://karu0926.hatenablog.com/entry/2020/05/22/185556
▼わずかな助走
https://karu0926.hatenablog.com/entry/2020/07/04/202032
▼動画をInstagramにあげてみました
https://www.instagram.com/kaoru.nagao
(200mインターバル走のスタート時)

スタートダッシュが、ゴールまで続く自分の勢いを作るきっかけになれたらと思います!